2006年03月07日

音楽少年時代

・・を、今まさに取り戻してる感じのアルバム『Coward』
一緒に歌える曲は少ないけど、心で感じるリズムがいっぱい。
サンプリングとかたくさんのchを使ってMixしてるのがとても楽しそうで。
音楽を始めた頃ってこういう音遊びが楽しいんですよね。
剛さんはもうすぐ27歳になるけど、10年くらい遡ってる心境かな。

昔、『音源』を『音原』と間違えて覚えてた時期があって。
気づいた方に訂正されたんだけど、「でも、あながち間違いでもないな」
って言われたのを思い出したよ。何時の話だ?懐かしすぎるわ(遠い目)

私が18から20くらいの頃、自室はシンセサイザーを中心に機械だらけでした。
もろ、YMOサウンドの影響です。コンサートも全ステ状態で(笑)
テクノポップLOVEでしたの!まだ、J−POPなんて言葉がなかった時代。

当時はカラオケなどなく、習いにでも行かない限り素人が歌う機会なんて皆無。
でも、音で遊ぶのはとても楽しくて、組立てながら曲を作ってました。
たった4chだったけどね。だんだん重なっていく感じが楽しくて。
そこに自分で作った詩をなぜか朗読してました(笑)
今考えるとこっぱずかしい・・・なりきってましたから(照)

結局私は、その時その時の周囲の環境に流されて趣味の域は出なかったけど。
なので、若い方たちが頑張って自分を信じて進んでいくのはとても嬉しい。
入り方は人それぞれあると思うけど、ターニングポイントは見逃さないで欲しいな。

ああ、今日はなんだかとってもいい日♪ぽかぽか心があったかいです(^^)
posted by ひかり at 17:35| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ENDLICHERI☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑誌つづき

一夜明けてF1雑誌を読みました。今日、仕事はお休み〜(^^)


◆F1グランプリ特集 2、3月号

連載のページだけにしようと思ったけど、ひととおり読んでしまったわ。
こうちゃん楽しそうだな〜!凄く自然な微笑み。ノーメイク。
前評判だとあまり写真は掲載されないと思ってたけど、載ってましたね!
毎週、男の子こうちゃんのマニアっぷりが読めて、とっても楽しみです。

川井さんとは6年来のお付き合いなんですね。
データを教えてもらったり、時には食事に行ったり。
F1ファンの方からしてみたら、羨ましい限りでしょうなぁ!

付録のDVDも観ました。
ホンダの初参戦と私の誕生が見事にリンクしてるわ。。あはは(わろとこ)
昔のマシンってジェット機っぽい。とてもシンプルですね。
ビックリしたのは前輪と後輪のタイヤの大きさが全然違うの!
後ろが圧倒的に大きい。あれで曲がれるってのが凄い気がするわぁ。
名残惜しんでのV10エンジンの音。
観客席のフラッシュが凄かった。みんなF1を愛しているのね。
V8になると、どんな感じの音になるんだろうなぁ。

アロンソって結局移籍するの?したの?
ルノーのページで(3月号)今年の意気込みを語っておられるんですけども。
すべて読んだわけではないので見逃してるのかな。よくわかんない。

3月号では、またまたinベルギーなこうちゃんのおさしんがっ!
そーいえば旅行中にある雑誌(忘れた)に載ったのを聞いて、探しまくったっけ。
いつもの腰に下げてるポーチ以外に、襷がけした黒のショルダー。
それがプライベート旅行を物語ってます。
お泊りセットが入ってるのかしら?その割りにはぺったんこですけど(笑)
首から下げた関係者パスを『きゅ』って握ってるのが可愛い(=^^=)

また今年もどこかに行けるといいね〜!
3月号はレースガイドもついてるから、それを観ながらTV観戦しよっと♪


◆会報58

会報でKinKiコンとカウコンはまだだったのね(遅)
ネットが一番情報が早い。まったく凄い時代だよ。よく考えてみると。
インタは近況らしい。けどホント?ま、コン時期よりは新しいらしい(苦笑)
写真とテキストがちっとも合ってないんですけどーー(^^;)

posted by ひかり at 12:12| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | KinKi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あくまでも声優だから!

なんか頭の中でどんどん妄想が膨らんで実写のような気がしてきた(笑)
トールのいでたちが、SHOCKのジャングルシーンに見えて仕方がない!

何から何まで似てるんだもの!!華奢なのに筋肉質とか、髪型、性格まで。
確かにイラストに描くと少女マンガに出てきそうな顔だものね。
ずーっと昔、雑誌か何かでも読んだ気がするわ。

主題歌はやはり曲だけでなく歌ってるようですね!きゃい☆
CD出るよね〜!作詞はどなたなのかしら?

青年(少年?)になってからの声なので、子供時代には出てこないみたい。
で、やっぱり深夜だった・・・子供向けではない内容?

単行本は5巻まで出ているようですが、完全版3巻も出るようです。
3/4に1巻が出てました。2巻は4月、3巻は5月に。ようは豪華版。
買おうか買うまいか模索中であります。

獣王星 完全版(1)


posted by ひかり at 02:47| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | KinKi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

混ざり合えないもの(こと)

ENDLICHERI☆ENDLICHERIさん、音楽雑誌で心情を語ってくれてますね。
本人も一番やりにくく勇気がいったであろう『無名』ではない現状。
でも、ENDLICHERI☆ENDLICHERIさんがやりたかったのは内情の自分。
あ、ENDLICHERI☆ENDLICHERIはプロデューサーという私の考えは間違いでした。
ENDLICHERI☆ENDLICHERI=堂本剛でもあるわけなのですね。

◆音楽と人 3月号
◆BARFOUT! 3月号

この2冊、似たような文章だなぁと思ったら同日取材だったのですね(笑)
ちょっと不機嫌そうな、だけど確固たる意志を秘めた表情が素敵です。

アイドル否定するワケじゃないけど、居心地の良い場所ではなかったみたい。
音楽と出会って、それを自己表現にの道具として使い始めた18の頃。
がんじがらめになっていた当時の彼を、音楽が救ってくれたんですね。

でも、いくら表現するにしても立場上の範囲内というのがあって。
その範囲外の部分は満たされずに来たものを取り戻す為に活動し始めた。
エンドリケリーエンドリケリーの性質を自分の鎧のように置き換えて。
ちゃんと会社の上の人にも自分でプレゼンして理解してもらったようです。

音楽の専門的な話は、私には難しくて分からないけど。
彼が影響されて吸収していって彼の内面から生まれたものを心で聴く。
それくらいなら出来そうです。
今は音楽が主流だけど、これから様々な分野にも登場するようで楽しみ!

『音楽と人』のP145は剛さんが描かれたイラストだよね!
ギターを持ったENDLICHERI☆ENDLICHERIさんが水槽で漂っててその下には!
とっても可愛くてとぼけた感じのエンドリケリーエンドリケリーがいるもん。
ポラと自筆のコメントも載ってる♪手書きのえんどりちゃん可愛〜い(^^)

この人は語りだすとほんとに雄弁だなぁ。どんどん溢れてくる感じ。
アイデアもどんどん生まれて来るんでしょうね♪


◆TOWOR206
◆HMVフリペ

『Coward』の初回版のジャケ写。凄くこってるんだね〜
通常版しか買ってない私(^^;)曲に惹かれたのよ☆
タワレコ渋谷のフィギアはエドウィンのと同じもののようですね。
へ・・・閉所恐怖症顔の(笑)いいなぁ。東京行きた〜い!


◆NEWSMARKER 4月号

さらに新しいENDLICHERI☆ENDLICHERI。
大きなサイズの初回版ジャケ写が裏表紙に!わぁいvv
えんどりちゃんまで模様の一部になってる〜!すごーい!(気づくの遅っ)
彼の音楽で表現したいことを、アルバム曲に置き換えて語ってくれてます。
・・・ごっ!ごめんよ!まだアルバム聴いてない・・(汗)
こうちゃん話がちらっと。以前剛さんが作った曲のこと。
「子供(を作る)歌?」ってこうちゃん聴いてきたんだって!かわゆー。
「は?」って聞き返したらことこまかに説明まで(ど・・どんな!)
どの曲だろ?『百年ノ恋』かなぁ?
ああ〜この会話聴いてみたいわ〜(爆)

エンドリケリーエンドリケリー図鑑まで載ってます(笑)

ライブは、コンサートというよりイベントにしたいとのこと。
地方から来る人の事も考えて、そこで食事したり遊んだり出来ればいいなと。
う・・ますます行きたい・・・(こっそり根回し中だったり/笑)
グッズも実用的なものもたくさん販売予定だそう!欲しいよ〜!!
もろもろ、何とか頑張っていこう!

posted by ひかり at 02:22| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ENDLICHERI☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。