2006年03月07日

音楽少年時代

・・を、今まさに取り戻してる感じのアルバム『Coward』
一緒に歌える曲は少ないけど、心で感じるリズムがいっぱい。
サンプリングとかたくさんのchを使ってMixしてるのがとても楽しそうで。
音楽を始めた頃ってこういう音遊びが楽しいんですよね。
剛さんはもうすぐ27歳になるけど、10年くらい遡ってる心境かな。

昔、『音源』を『音原』と間違えて覚えてた時期があって。
気づいた方に訂正されたんだけど、「でも、あながち間違いでもないな」
って言われたのを思い出したよ。何時の話だ?懐かしすぎるわ(遠い目)

私が18から20くらいの頃、自室はシンセサイザーを中心に機械だらけでした。
もろ、YMOサウンドの影響です。コンサートも全ステ状態で(笑)
テクノポップLOVEでしたの!まだ、J−POPなんて言葉がなかった時代。

当時はカラオケなどなく、習いにでも行かない限り素人が歌う機会なんて皆無。
でも、音で遊ぶのはとても楽しくて、組立てながら曲を作ってました。
たった4chだったけどね。だんだん重なっていく感じが楽しくて。
そこに自分で作った詩をなぜか朗読してました(笑)
今考えるとこっぱずかしい・・・なりきってましたから(照)

結局私は、その時その時の周囲の環境に流されて趣味の域は出なかったけど。
なので、若い方たちが頑張って自分を信じて進んでいくのはとても嬉しい。
入り方は人それぞれあると思うけど、ターニングポイントは見逃さないで欲しいな。

ああ、今日はなんだかとってもいい日♪ぽかぽか心があったかいです(^^)
posted by ひかり at 17:35| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ENDLICHERI☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

静かなるタンバリン
Excerpt: 『カラオケ』つながりです^^
Weblog: たぼ吉の挑戦 ~魂のブログ~
Tracked: 2006-03-07 18:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。